病院データ活用ガイド│デタピタル » 病院データベース提供企業リスト » グレイス・アイ

グレイス・アイ

目次

グレイス・アイのデータベースの特徴

活用する側のニーズに合わせたデータを提供

グレイス・アイの医療施設データベースサービスは、活用する側のニーズに合わせた条件抽出やアップデートに対応してくれます。例えば、新規開設した病院や診療所のデータを必要なタイミングで届けてくれるので、毎月1回や任意のサイクルでお願いすることも可能。

また、医療施設の経営体制が個人から医療法人に変わった場合、該当する施設だけに絞り込んだデータも届けてもらうという利用方法もできます。ターゲットリストとして活用するなら、現状の情報をキャッチアップすると同時に、差分だけを入手できるといった効率性も考慮すべきポイントです。

オプション項目は600種類以上

グレイス・アイの医療施設データベースは、オプションとして設定できるデータ項目が600種類以上あります。先進医療や特掲診療料など詳細に項目設定することで、顧客管理する側の情報精度を高めることができるでしょう。

設定項目の中には、グレイス・アイが経営体制の判別に利用しているものもあります。開設者名と管理者名、2つの項目を比較することで自主経営か雇われ院長かを判別して、フラグ設定することもできます。

参照元:グレイス・アイ公式HP(https://grace-i.co.jp/service/db-medical-care

介護施設や歯科医院など多様なデータを提供

グレイス・アイが提供するデータベースは、公式HP上で15種類(2023年1月26日調べ)。医療施設以外にも介護施設や歯科医院、訪問看護事業所、調剤薬局、障害福祉サービス事業所などをラインナップしています。医療関連企業で、複数ジャンルのデータを調達したい場合、相談先は1社にまとめた方が便利でしょう。

参照元:グレイス・アイ公式HP(https://grace-i.co.jp/service-category/database-products

データベース件数

以上、2023年1月24日調べ

引用元:グレイス・アイ公式HP(https://grace-i.co.jp/service/db-medical-care

グレイス・アイの活用例

公式HPに事例の記載はありませんでした。

まとめ

グレイス・アイのデータベースは提供可能な種類が豊富で、抽出条件や受け取るタイミングなどを柔軟に相談できるといったアドバンテージがあります。600種類以上あるオプション項目を使って細やかなセグメントをしたり、現状の情報の差分だけスピーディーに更新するなど、データ管理で課題となりがちな運用面でも頼りになる存在といえるでしょう。

本メディアでは用途別に病院データベースを取り扱っているおすすめの企業を紹介しています。病院データベースを活用を考えている方はぜひ参考にしてください。

用途によって変わる
病院データベース
取り扱い企業の選び方

会社情報

会社名グレイス・アイ株式会社
所在地(本社)埼玉県熊谷市本石1-81 マルテンビル
電話番号048-577-3471
URLhttps://grace-i.co.jp/

病院データベースの販売サービスをしている
企業一覧を見る

用途によって変わる
病院データベース取り扱い企業の選び方

病院データベースを活用することで医療機関の特性を把握しておけば、必然的に医療機関が求めている人材像・資格も浮かび上がってきます。対象としている病院にどんな特徴があるのかを絞り込むことで、マッチングしやすい人材を紹介できます。

DMやFAXへの活用で
基本情報のみで良い場合
         DMの写真

最低限の情報を提供する
リスト会社がおすすめ

リスト会社とは施設名、住所、電話番号、など公表されているデータを集約した簡易的な情報を取り扱っている業者のことを指します。比較的安く情報を手に入れることができるのが特徴です。ただし情報が少ないため行えることは限られています。主な用途として、DMやFAXの発送・テレアポ等に利用されています。

         おすすめの企業はこちら

マーケティング、位置情報、
検索メディアなど幅広く利用したい場合
         設備の写真

独自に病院データベースを
開発運用している企業がおすすめ

施設名、住所、電話番号などのオープンに加えて、施設サービス情報、従業員数、患者数、設備情報、指定情報など、さらに細かく網羅された情報を独自にカスタマイズして保有しています。顧客管理、マーケティング、位置情報サービス、検索メディアなど様々な用途に利用されています。ただしサービス利用料金はリスト販売業者よりは高くなります。

おすすめの企業はこちら

MR活動等に利用するため
医師情報が必要な場合
         医師の写真

医師ファイルまで取り扱っている
企業がおすすめ

       

そこに勤める医師名や、役職・大学職位、所属部科など医師の情報まで保有している企業です。病院ではなく医師に直接アプローチができることが大きな特長で、製薬会社MRの活動などに利用されています。情報の専門性が高くなるため、料金は病院データベースよりもさらに高くなる傾向にあります。

おすすめの企業はこちら

ウェルネス
マーケティング、位置情報、検索メディア
制作など幅広く利用したいなら
ウェルネスイメージ
引用元:ウェルネス公式
(https://www.wellness.co.jp/)
  • 多角的に情報を収集しデータをより正確なものに
  • 顧客に合わせたデータ活用方法の提案が可能
  • データの質を保つメンテナンスとデータクレンジング

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院データベース」とGoogleで検索し10ページ目までにまでに表示される、病院データベースを独自にカスタマイズして販売している企業を11社調査した中で、病院・診療所・歯科診療所の合計数が最も多い企業として選出(2022年12月14日調査時点)。カスタマイズとはオープン上および独自の方法で病院データを入手し、それを顧客に合わせて編集しているものを指します。

FAXDMコンサル
DMやFAXへの活用で病院の
基本情報のみで良いなら
FAXDMコンサルイメージ
引用元:FAXDMコンサル公式
(https://faxdm.jp/10bailist/our_lists-2/hospitallist/)
  • 国が公開しているデータを基に常に新しいデータに更新
  • 専任コンサルタントによるFAXDMの効果を上げるためのアドバイス
  • 全国版は1宛先3.3円(税込)と低価格でデータを提供

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院リスト販売会社」とGoogleで検索し5ページ目までに表示される、カスタマイズされていない簡易的な病院データベースを販売している企業を6社調査した中で、全国版のデータが最も安い企業として選出。(2022年12月20日調査時点)

日本アルトマーク
MR活動等に利用するため
医師情報が必要なら
日本アルトマークイメージ
引用元:日本アルトマーク公式
(https://www.ultmarc.co.jp/)
  • 医療施設の基本情報に加えて幅広い情報を網羅
  • 医療施設の活きた情報を細やかに収集
  • 製薬会社マスタデータも完備

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院データベース」とGoogleで検索し10ページ目までにまでに表示される、病院データベースを独自にカスタマイズして販売している企業を11社調査した中で、唯一医師データを取り扱っている企業として選出。カスタマイズとはオープン上および独自の方法で病院データを入手し、それを顧客に合わせて編集しているものを指します。