病院データ活用ガイド│デタピタル » 病院データベースとは » 先進医療データとは?

先進医療データとは?

このページでは、病院データを活用したいと考えている事業者に役立つ情報を紹介しています。活用に際しては、先進医療データについての知識を深めておくことも大切です。先進医療制度が過去に見直されてれた経緯や先進医療から除外された医療があることなども把握しておきたいところです。

先進医療データについて

先進医療データを理解するためには、まず、先進医療についての理解が必要です。先進医療とは、厚生労働大臣によって定められている高度な医療技術を採用した療養のことです。

ちなみに、この先進医療について、保険給付の対象にするべきかどうか、という点については注意が必要な状態になっています。というのも、適した医療を効率よく提供していくという観点での評価が必要な療養に指定される、先進性の高いものであるからです。健康保険範囲内分と範囲外の分の費用を混合して支払う、混合診療も認められています。先進医療は、定められた技術レベルや施設基準をクリアしている医療機関でのみ提供されることになります。

先進医療制度の見直しが過去に行われている

これまでに、先進医療制度の見直しが行われていることをおさえておきましょう。先進医療と高度医療の一本化のほか、医療において有用な一部の抗がん剤についてもっと柔軟性をもたせた取り扱いを定めること、そして先進医療をおこなう前に求められる数例を効率化することなどに関して、見直し作業を進めていくことが決定されたのです。

また、この決定以前に「一定の基準をクリアし、必要な手続きを経て保険医療機関による承認を得ているもの」については、保険診療との併用を可能とするという旨の判断がなされているという背景があります。厚生労働大臣と内閣府特命担当大臣との基本合意に基づいた判断です。

引用元:厚生労働省HP 報道発表資料【PDF】(https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002gttd-att/2r9852000002gtz1.pdf

2018年に先進医療から除外されたものもある

理由があり先進医療から除外された医療もあります。

たとえば、急性脳梗塞などを適応症とするアルテプラーゼ静脈内投与による血栓溶解療法です。申請医療機関は、国立循環器病研究センターです。協力医療機関は、順天堂大学医学部附属病院浦安病院や武蔵野赤十字病院、トヨタ記念病院ほか、多岐にわたります。平成30年10月10日に取り下げがおこなわれました。取り下げの理由は、次のふたつです。
・登録症例の観察が完了した
・登録症例がないので、追跡をする必要がない

引用元:厚生労働省HP 【PDF】『先進医療Bの取下げについて』(https://www.mhlw.go.jp/content/10801000/000366678.pdf

先進医療は厚生労働省のサイトで確認できる

厚生労働省の公式HPでは、先進医療の核技術について、概要を紹介しています。

28種類の先進医療A(第2項先進医療)および54種類の先進医療B(第3項先進医療)がリスト化されています。jRCT登録ID番号のほか、先進医療技術名、適応症、そして技術の概要がそれぞれまとめられています。
(※2023年9月13日現在)

引用元:厚生労働省HP『先進医療の各技術の概要』(https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html

まとめ

病院データを利用して事業の幅を広げていくことを検討している方は、先進医療についての理解を深めるために、過去におこなわれた制度の見直しなども把握しておくことが大切です。先進医療の一覧が必要な際には、厚生労働省のサイトを参考にしてみてください。

また、病院データを随時更新していきたい場合には、データベースの販売企業に一度相談してみるのもおすすめです。

用途によって変わる
病院データベース取り扱い企業の選び方

病院データベースを活用することで医療機関の特性を把握しておけば、必然的に医療機関が求めている人材像・資格も浮かび上がってきます。対象としている病院にどんな特徴があるのかを絞り込むことで、マッチングしやすい人材を紹介できます。

DMやFAXへの活用で
基本情報のみで良い場合
         DMの写真

最低限の情報を提供する
リスト会社がおすすめ

リスト会社とは施設名、住所、電話番号、など公表されているデータを集約した簡易的な情報を取り扱っている業者のことを指します。比較的安く情報を手に入れることができるのが特徴です。ただし情報が少ないため行えることは限られています。主な用途として、DMやFAXの発送・テレアポ等に利用されています。

         おすすめの企業はこちら

マーケティング、位置情報、
検索メディアなど幅広く利用したい場合
         設備の写真

独自に病院データベースを
開発運用している企業がおすすめ

施設名、住所、電話番号などのオープンに加えて、施設サービス情報、従業員数、患者数、設備情報、指定情報など、さらに細かく網羅された情報を独自にカスタマイズして保有しています。顧客管理、マーケティング、位置情報サービス、検索メディアなど様々な用途に利用されています。ただしサービス利用料金はリスト販売業者よりは高くなります。

おすすめの企業はこちら

MR活動等に利用するため
医師情報が必要な場合
         医師の写真

医師ファイルまで取り扱っている
企業がおすすめ

       

そこに勤める医師名や、役職・大学職位、所属部科など医師の情報まで保有している企業です。病院ではなく医師に直接アプローチができることが大きな特長で、製薬会社MRの活動などに利用されています。情報の専門性が高くなるため、料金は病院データベースよりもさらに高くなる傾向にあります。

おすすめの企業はこちら

ウェルネス
マーケティング、位置情報、検索メディア
制作など幅広く利用したいなら
ウェルネスイメージ
引用元:ウェルネス公式
(https://www.wellness.co.jp/)
  • 多角的に情報を収集しデータをより正確なものに
  • 顧客に合わせたデータ活用方法の提案が可能
  • データの質を保つメンテナンスとデータクレンジング

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院データベース」とGoogleで検索し10ページ目までにまでに表示される、病院データベースを独自にカスタマイズして販売している企業を11社調査した中で、病院・診療所・歯科診療所の合計数が最も多い企業として選出(2022年12月14日調査時点)。カスタマイズとはオープン上および独自の方法で病院データを入手し、それを顧客に合わせて編集しているものを指します。

FAXDMコンサル
DMやFAXへの活用で病院の
基本情報のみで良いなら
FAXDMコンサルイメージ
引用元:FAXDMコンサル公式
(https://faxdm.jp/10bailist/our_lists-2/hospitallist/)
  • 国が公開しているデータを基に常に新しいデータに更新
  • 専任コンサルタントによるFAXDMの効果を上げるためのアドバイス
  • 全国版は1宛先3.3円(税込)と低価格でデータを提供

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院リスト販売会社」とGoogleで検索し5ページ目までに表示される、カスタマイズされていない簡易的な病院データベースを販売している企業を6社調査した中で、全国版のデータが最も安い企業として選出。(2022年12月20日調査時点)

日本アルトマーク
MR活動等に利用するため
医師情報が必要なら
日本アルトマークイメージ
引用元:日本アルトマーク公式
(https://www.ultmarc.co.jp/)
  • 医療施設の基本情報に加えて幅広い情報を網羅
  • 医療施設の活きた情報を細やかに収集
  • 製薬会社マスタデータも完備

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院データベース」とGoogleで検索し10ページ目までにまでに表示される、病院データベースを独自にカスタマイズして販売している企業を11社調査した中で、唯一医師データを取り扱っている企業として選出。カスタマイズとはオープン上および独自の方法で病院データを入手し、それを顧客に合わせて編集しているものを指します。