病院データ活用ガイド│デタピタル » 病院データベースとは » 診療報酬届出データ

診療報酬届出データ

こちらの記事では診療報酬届出データとはどういったものなのかをはじめ、基本診療料の届出一覧の確認方法を紹介しています。また、2024年に行われる診療報酬改定について押さえておくべきポイントをまとめました。

診療報酬届出データとは

医療機関施設ごとの診療報酬加算項目をもとにした、施設の診療能力を把握できる悉皆性の高い情報です。診療報酬の届出が地方厚生局に受理されていることが前提となるため、その施設が施設基準を満たしており、特定の設備や体制を備えている証と言えます。

診療報酬届出データのデータベースを構築するにあたって注意したいのが、開示情報の更新性が高く、継続的な取得およびデータ化処理が必要となる点。また、古い届出情報が混在しているなど不正確な情報が含まれていることもあるため、データベースの運用には診療報酬改定に関する知識も求められます。

基本診療料の届出一覧は確認できる

基本診療料および特別診断料の届出一覧については、管轄の地方厚生局のHPで確認できます。基本診療料の届出をするには、保険医療機関が所在する県管轄の事務所に届出書1通の提出が必要です。届出の留意事項や届出先の事務所の所在地などについても、地方厚生局のHPでご確認ください。

2024年に診療報酬が改定

2024年に行われる診療報酬改定について、押さえておくべき施行日や基本方針を解説します。

6月1日からの施行

これまでの診療報酬改定は4月1日からの施行となっていましたが、2024年度の改定より6月1日からの施行に変更されました。施行日が変更になった理由としては、システムベンダーや医療機関の負担を減らすためとのこと。告知から施行までに余裕を持たせることにより、診療報酬の改定内容の周知やシステムのスムーズな移行が期待されています。

基本認識の定義

社会保障審議会医療保険部会および医療部会で決定された、2024年診療報酬改定の基本方針の内容は以下の通りです。

※引用元:厚生労働省「令和6年度診療報酬改定の基本方針の概要」[pdf]

各項目の方向性

人材確保や働き方改革を推進

高齢化によって医療需要が増加しているなか、医療人材の十分な確保ができておらず、将来的にも人手不足が懸念されています。こうした雇用情勢を踏まえ、診療報酬改定の基本方針では、医療従事者の人材確保や賃上げのための取り組みをはじめ、ICTの利用活用の促進や長時間労働などの厳しい勤務環境の改善などが具体的方向性の例にあげられています。

2024年4月からは安全で質の高い医療を提供するために医師の働き方改革が開始となるので、職種間のタスク・シェアリングやタスク・シフティング、チーム医療の推進など、医師が健康的に働き続けられる環境の整備が必要となります。

医療機能の分化や強化の推進

団塊世代が全員75歳以上になる2025年に向け、医療DXを含めた医療機能の分化・強化の推進が求められています。

2023年から運用が開始されているオンライン資格確認や電子処方箋システムも医療DXの1つで、医療情報の有効活用や遠隔利用の推進により、必要な人に適切な医療を提供することが可能に。また、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを送れるようにする地域包括ケアシステムの深化・推進として、基幹病院とクリニック、介護施設などの連携の推進も重要視されています。

用途によって変わる
病院データベース取り扱い企業の選び方

病院データベースを活用することで医療機関の特性を把握しておけば、必然的に医療機関が求めている人材像・資格も浮かび上がってきます。対象としている病院にどんな特徴があるのかを絞り込むことで、マッチングしやすい人材を紹介できます。

DMやFAXへの活用で
基本情報のみで良い場合
         DMの写真

最低限の情報を提供する
リスト会社がおすすめ

リスト会社とは施設名、住所、電話番号、など公表されているデータを集約した簡易的な情報を取り扱っている業者のことを指します。比較的安く情報を手に入れることができるのが特徴です。ただし情報が少ないため行えることは限られています。主な用途として、DMやFAXの発送・テレアポ等に利用されています。

         おすすめの企業はこちら

マーケティング、位置情報、
検索メディアなど幅広く利用したい場合
         設備の写真

独自に病院データベースを
開発運用している企業がおすすめ

施設名、住所、電話番号などのオープンに加えて、施設サービス情報、従業員数、患者数、設備情報、指定情報など、さらに細かく網羅された情報を独自にカスタマイズして保有しています。顧客管理、マーケティング、位置情報サービス、検索メディアなど様々な用途に利用されています。ただしサービス利用料金はリスト販売業者よりは高くなります。

おすすめの企業はこちら

MR活動等に利用するため
医師情報が必要な場合
         医師の写真

医師ファイルまで取り扱っている
企業がおすすめ

       

そこに勤める医師名や、役職・大学職位、所属部科など医師の情報まで保有している企業です。病院ではなく医師に直接アプローチができることが大きな特長で、製薬会社MRの活動などに利用されています。情報の専門性が高くなるため、料金は病院データベースよりもさらに高くなる傾向にあります。

おすすめの企業はこちら

ウェルネス
マーケティング、位置情報、検索メディア
制作など幅広く利用したいなら
ウェルネスイメージ
引用元:ウェルネス公式
(https://www.wellness.co.jp/)
  • 多角的に情報を収集しデータをより正確なものに
  • 顧客に合わせたデータ活用方法の提案が可能
  • データの質を保つメンテナンスとデータクレンジング

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院データベース」とGoogleで検索し10ページ目までにまでに表示される、病院データベースを独自にカスタマイズして販売している企業を11社調査した中で、病院・診療所・歯科診療所の合計数が最も多い企業として選出(2022年12月14日調査時点)。カスタマイズとはオープン上および独自の方法で病院データを入手し、それを顧客に合わせて編集しているものを指します。

FAXDMコンサル
DMやFAXへの活用で病院の
基本情報のみで良いなら
FAXDMコンサルイメージ
引用元:FAXDMコンサル公式
(https://faxdm.jp/10bailist/our_lists-2/hospitallist/)
  • 国が公開しているデータを基に常に新しいデータに更新
  • 専任コンサルタントによるFAXDMの効果を上げるためのアドバイス
  • 全国版は1宛先3.3円(税込)と低価格でデータを提供

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院リスト販売会社」とGoogleで検索し5ページ目までに表示される、カスタマイズされていない簡易的な病院データベースを販売している企業を6社調査した中で、全国版のデータが最も安い企業として選出。(2022年12月20日調査時点)

日本アルトマーク
MR活動等に利用するため
医師情報が必要なら
日本アルトマークイメージ
引用元:日本アルトマーク公式
(https://www.ultmarc.co.jp/)
  • 医療施設の基本情報に加えて幅広い情報を網羅
  • 医療施設の活きた情報を細やかに収集
  • 製薬会社マスタデータも完備

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院データベース」とGoogleで検索し10ページ目までにまでに表示される、病院データベースを独自にカスタマイズして販売している企業を11社調査した中で、唯一医師データを取り扱っている企業として選出。カスタマイズとはオープン上および独自の方法で病院データを入手し、それを顧客に合わせて編集しているものを指します。