病院データ活用ガイド│デタピタル » 病院データ活用方法&事例集 » DM(ダイレクトメール)・FAXの発送

DM(ダイレクトメール)・FAXの発送

目次

DMをうまく活用して営業をしましょう

病院に営業をかけるとなると、医師をはじめとした医療職や事務長など経営の専門家が相手です。専門的な知識はもちろんのこと、そもそもアポイントを取るのも大変です。そのような場合は郵送DMが効率的です。DMが届いた頃を見計らってフォローコールを入れることで先方の興味の度合いを確認したり、改めてアポイントを取ったりすることにもつながります。

まずは病院リストの作成から

病院リストを作成する際には、何よりリストの情報ソースの信頼性が第一です。情報が正確でなければDMが宛先不明で戻ってきてしまい、まったく無駄な経費を使うことになります。もし誤って配達されると会社の信用にも関わります。

病院リストに利用する医療機関の基本情報は、地方厚生局が公表しているデータの信頼性が特に高いです。ただし、医療機関が厚生局に提出している申請書に誤りがあるとそのまま掲載されてしまうので、100パーセント正確というわけではないことを覚えておきましょう。

未着・誤配を防ぐには情報鮮度が大切

DMの未着・誤配を防ぐには、使用する病院リストの情報鮮度が大切です。基本は公表後1カ月以内の情報を使用すること。医療機関の新規開業・閉院は想像以上に多いものです。

国内では年間約4,000件の医療機関が閉院*しています。極端にいえば、1年前のデータベースを使うと4,000件の未着が起こるということで、数十万円の郵送料を無駄にすることになります。逆に新規開業も年間約4,000件に上りますので、こちらは営業の機会損失につながります。いかに情報鮮度が大切か、この数字からもおわかりいただけるでしょう。

*参照元:エグゼメディカル(https://exemedical.jp/post-2500/)

病院データベースの販売サービスをしている
企業一覧を見る

ターゲットを絞り込むと成果につながりやすくなる

いたずらに一斉DMを送るよりも、ターゲットを絞り込んだほうが成果につながりやすいと思われます。そのためのリストづくりを検討してみましょう。

住所を分割しておく

DM発送リストをエクセルで作成する場合、市区町村郡・町名以下をセルに分割しておくと絞り込みの手間が省けます。業者が販売している病院データベースによっては、こうした作業がしやすい状態になっているものもあるので便利です。

院長名を入れると開封率が上がる

地方厚生局が公表しているデータの項目に「管理者」として個人名が掲載されていますが、これは一般的に院長を指します。

DMを送る際はこの個人名を「○○院長」として入れることで、院長の手元に届けることができます。単なる病院宛てなら他の郵便物との仕分けの段階で廃棄される可能性もありますが、院長名を入れることで開封率を上げられるのです。

病院とクリニックに分ける

当然ながら、クリニックに売り込みたい商品やサービスに関するDMを病院に送っても無駄です。DM発送リストは病院、クリニックで絞り込みができるように作成すべきです。

診療科目によって絞り込む

売り込みたい商品やサービスが特定の診療科目に向いているものなら、当然DMもその診療科目に絞り込むべきです。送付先からの反応も変わってくるでしょう。

休止している医療機関を外す

地方厚生局が公表しているデータには、休止届を提出している医療機関も掲載されている場合があります。このような医療機関にはDMは届くかもしれませんが、営業的にはほとんど意味がありません。リストから外しておきましょう。

まとめ

DM送付用の病院リストに関して、大切なポイントをお伝えしてきました。

これらに留意することで、DMによる営業効果も変わってくるはずです。

自社で正確な病院リストを作成して定期的に更新していくには、多大な時間と労力を要します。専門業者の病院データベースを活用することで、そうした課題は解決に向かうでしょう。

【用途別】おすすめ病院データベース
取り扱い会社3選

用途によって変わる
病院データベース取り扱い企業の選び方

病院データベースを活用することで医療機関の特性を把握しておけば、必然的に医療機関が求めている人材像・資格も浮かび上がってきます。対象としている病院にどんな特徴があるのかを絞り込むことで、マッチングしやすい人材を紹介できます。

DMやFAXへの活用で
基本情報のみで良い場合
         DMの写真

最低限の情報を提供する
リスト会社がおすすめ

リスト会社とは施設名、住所、電話番号、など公表されているデータを集約した簡易的な情報を取り扱っている業者のことを指します。比較的安く情報を手に入れることができるのが特徴です。ただし情報が少ないため行えることは限られています。主な用途として、DMやFAXの発送・テレアポ等に利用されています。

         おすすめの企業はこちら

マーケティング、位置情報、
検索メディアなど幅広く利用したい場合
         設備の写真

独自に病院データベースを
開発運用している企業がおすすめ

施設名、住所、電話番号などのオープンに加えて、施設サービス情報、従業員数、患者数、設備情報、指定情報など、さらに細かく網羅された情報を独自にカスタマイズして保有しています。顧客管理、マーケティング、位置情報サービス、検索メディアなど様々な用途に利用されています。ただしサービス利用料金はリスト販売業者よりは高くなります。

おすすめの企業はこちら

MR活動等に利用するため
医師情報が必要な場合
         医師の写真

医師ファイルまで取り扱っている
企業がおすすめ

       

そこに勤める医師名や、役職・大学職位、所属部科など医師の情報まで保有している企業です。病院ではなく医師に直接アプローチができることが大きな特長で、製薬会社MRの活動などに利用されています。情報の専門性が高くなるため、料金は病院データベースよりもさらに高くなる傾向にあります。

おすすめの企業はこちら

ウェルネス
マーケティング、位置情報、検索メディア
制作など幅広く利用したいなら
ウェルネスイメージ
引用元:ウェルネス公式
(https://www.wellness.co.jp/)
  • 多角的に情報を収集しデータをより正確なものに
  • 顧客に合わせたデータ活用方法の提案が可能
  • データの質を保つメンテナンスとデータクレンジング

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院データベース」とGoogleで検索し10ページ目までにまでに表示される、病院データベースを独自にカスタマイズして販売している企業を11社調査した中で、病院・診療所・歯科診療所の合計数が最も多い企業として選出(2022年12月14日調査時点)。カスタマイズとはオープン上および独自の方法で病院データを入手し、それを顧客に合わせて編集しているものを指します。

FAXDMコンサル
DMやFAXへの活用で病院の
基本情報のみで良いなら
FAXDMコンサルイメージ
引用元:FAXDMコンサル公式
(https://faxdm.jp/10bailist/our_lists-2/hospitallist/)
  • 国が公開しているデータを基に常に新しいデータに更新
  • 専任コンサルタントによるFAXDMの効果を上げるためのアドバイス
  • 全国版は1宛先3.3円(税込)と低価格でデータを提供

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院リスト販売会社」とGoogleで検索し5ページ目までに表示される、カスタマイズされていない簡易的な病院データベースを販売している企業を6社調査した中で、全国版のデータが最も安い企業として選出。(2022年12月20日調査時点)

日本アルトマーク
MR活動等に利用するため
医師情報が必要なら
日本アルトマークイメージ
引用元:日本アルトマーク公式
(https://www.ultmarc.co.jp/)
  • 医療施設の基本情報に加えて幅広い情報を網羅
  • 医療施設の活きた情報を細やかに収集
  • 製薬会社マスタデータも完備

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院データベース」とGoogleで検索し10ページ目までにまでに表示される、病院データベースを独自にカスタマイズして販売している企業を11社調査した中で、唯一医師データを取り扱っている企業として選出。カスタマイズとはオープン上および独自の方法で病院データを入手し、それを顧客に合わせて編集しているものを指します。