病院データ活用ガイド│デタピタル » 病院データベースとは » 薬局機能情報提供制度公表データ

薬局機能情報提供制度公表データ

全国の医療機関の状況を一元的に把握・支援できる「医療機関等情報支援システム(G-MIS)」は、病院との関わりが深い薬局でも活用が広がっています。ここでは、薬局機能情報提供について、基礎知識や今後の動きをまとめました。

薬局機能情報提供制度とは

薬局は、その薬局の機能に関する情報を都道府県へ報告することが義務付けられています。報告を受けた都道府県は、住民や患者に対して分かりやすい形でそれらの情報を提供しなくてはなりません。

その報告方法として、令和6年1月から「医療機関等情報支援システム(G-MIS)」を利用したオンライン報告が開始されます。これにより、集約した情報をより分かりやすくインターネットで閲覧できるようになります。

※参照元:厚生労働省「薬局機能情報提供制度について(薬局事業者向けページ)」

医療データベースを利用するメリット

医療データベースを利用すると、膨大で多様な情報を効率的に活用できるようになります。例えば、これまで薬剤の副作用報告では、医薬品を投与されている人数の把握ができていない、原疾患と副作用との鑑別が難しいといったさまざまな課題があり、安全対策に限界がありました。

大規模な医療データベースを構築できれば、これら副作用の発生割合を正しく把握し、より効果的な安全対策ができるようになります。

医療データベースは、このように医薬品の効果やリスクを迅速に評価するために活用されています。

データの活用

医療データベースは、医薬品の効果やリスクを評価する以外にも以下のような場面で活用できる可能性があります。

病気の予測や早期発見

医療データベースの活用によって、病気の予測や早期発見に有効なことが分かってきました。医療データベースに蓄積されている問診情報や検査内容、処方薬剤名などのデータから同じ症状を持つ患者のデータを集計すれば、病名の特定や病気の進行具合の判断に役立てることができます。

また、画像データから似たような状態の患者のデータを発見できれば、病気の見落としやわずかな異変にも対応できるようになり、本人が気づかない症状がある病気の発見にも役立ちます。

新薬の開発

新薬を開発する際には、研究から開発、治験データ収集と、承認から市場に出回るまでのプロセスに膨大な時間とコストを要します。医療データベースを活用すれば、研究対象物の特定や開発に必要な症例の収集などが効率化され、製薬会社はより低コストで新薬を開発できる可能性があります。薬剤の副作用や薬害リスクを評価し、安全性を高める際にも役立つでしょう。

これまでハードルが高かった新薬開発を、短期間で実現できる可能性があります。

病院データベースの販売サービスをしている
企業一覧を見る

用途によって変わる
病院データベース取り扱い企業の選び方

病院データベースを活用することで医療機関の特性を把握しておけば、必然的に医療機関が求めている人材像・資格も浮かび上がってきます。対象としている病院にどんな特徴があるのかを絞り込むことで、マッチングしやすい人材を紹介できます。

DMやFAXへの活用で
基本情報のみで良い場合
         DMの写真

最低限の情報を提供する
リスト会社がおすすめ

リスト会社とは施設名、住所、電話番号、など公表されているデータを集約した簡易的な情報を取り扱っている業者のことを指します。比較的安く情報を手に入れることができるのが特徴です。ただし情報が少ないため行えることは限られています。主な用途として、DMやFAXの発送・テレアポ等に利用されています。

         おすすめの企業はこちら

マーケティング、位置情報、
検索メディアなど幅広く利用したい場合
         設備の写真

独自に病院データベースを
開発運用している企業がおすすめ

施設名、住所、電話番号などのオープンに加えて、施設サービス情報、従業員数、患者数、設備情報、指定情報など、さらに細かく網羅された情報を独自にカスタマイズして保有しています。顧客管理、マーケティング、位置情報サービス、検索メディアなど様々な用途に利用されています。ただしサービス利用料金はリスト販売業者よりは高くなります。

おすすめの企業はこちら

MR活動等に利用するため
医師情報が必要な場合
         医師の写真

医師ファイルまで取り扱っている
企業がおすすめ

       

そこに勤める医師名や、役職・大学職位、所属部科など医師の情報まで保有している企業です。病院ではなく医師に直接アプローチができることが大きな特長で、製薬会社MRの活動などに利用されています。情報の専門性が高くなるため、料金は病院データベースよりもさらに高くなる傾向にあります。

おすすめの企業はこちら

ウェルネス
マーケティング、位置情報、検索メディア
制作など幅広く利用したいなら
ウェルネスイメージ
引用元:ウェルネス公式
(https://www.wellness.co.jp/)
  • 多角的に情報を収集しデータをより正確なものに
  • 顧客に合わせたデータ活用方法の提案が可能
  • データの質を保つメンテナンスとデータクレンジング

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院データベース」とGoogleで検索し10ページ目までにまでに表示される、病院データベースを独自にカスタマイズして販売している企業を11社調査した中で、病院・診療所・歯科診療所の合計数が最も多い企業として選出(2022年12月14日調査時点)。カスタマイズとはオープン上および独自の方法で病院データを入手し、それを顧客に合わせて編集しているものを指します。

FAXDMコンサル
DMやFAXへの活用で病院の
基本情報のみで良いなら
FAXDMコンサルイメージ
引用元:FAXDMコンサル公式
(https://faxdm.jp/10bailist/our_lists-2/hospitallist/)
  • 国が公開しているデータを基に常に新しいデータに更新
  • 専任コンサルタントによるFAXDMの効果を上げるためのアドバイス
  • 全国版は1宛先3.3円(税込)と低価格でデータを提供

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院リスト販売会社」とGoogleで検索し5ページ目までに表示される、カスタマイズされていない簡易的な病院データベースを販売している企業を6社調査した中で、全国版のデータが最も安い企業として選出。(2022年12月20日調査時点)

日本アルトマーク
MR活動等に利用するため
医師情報が必要なら
日本アルトマークイメージ
引用元:日本アルトマーク公式
(https://www.ultmarc.co.jp/)
  • 医療施設の基本情報に加えて幅広い情報を網羅
  • 医療施設の活きた情報を細やかに収集
  • 製薬会社マスタデータも完備

公式HPへ

▼選定条件▼

「病院データベース」とGoogleで検索し10ページ目までにまでに表示される、病院データベースを独自にカスタマイズして販売している企業を11社調査した中で、唯一医師データを取り扱っている企業として選出。カスタマイズとはオープン上および独自の方法で病院データを入手し、それを顧客に合わせて編集しているものを指します。